ヤオコーインタビュー 日配部門・惣菜部門

ヤオコーインタビュー 日配部門・惣菜部門

interview

日配メンバー Mさん 日配メンバー Mさん

尊敬できる先輩、やりがいあるお仕事
私がヤオコーで見つけたものです

日配メンバー Mさん (パートナー :2018年入社)

応募の前にお店をチェック!
とても素敵なお店で安心

ヤオコーでお仕事を始めたのは2年前。その前のお仕事はコンビニでした。しかし短時間シフトだったこともあり、しっかり働きたいと思ったのが転職のきっかけになりました。ヤオコーはあまり利用したことがなく、印象がなかったため、応募の前にお店に行ってみました。店内もキレイで照明もおしゃれ。スタッフの方もすごく丁寧で対応も良く、すぐに働いてみたいと思い応募を決めたのです。
現在は日配部門でお仕事をしています。扱っている商品は牛乳やヨーグルト、チーズ、豆腐や納豆、かまぼこ、卵。アイスクリーム、冷凍食品などなど。毎日の食生活に使われる商品が日配品。それらの品出しや管理、そして一部ですが発注業務が私の仕事になります。

Mさん

ちょっと難しいけど面白い!
それがヤオコーのお仕事です

発注業務はアイスクリーム、冷凍食品、卵を担当しています。商品の売れ行きにより、発注業務は常に変化します。特にアイスクリームなどの商品は、気温や天候に左右されやすいものです。適切な量を発注するため、天気予報を気にかけるようになりましたね。でも、難しいと同時にとてもやりがいも感じています。お仕事は上司にあたる主任さんに相談やチェックをしていただいて進めています。この方はとても仕事のできる方。品出しも接客も素晴らしいです。尊敬できる方で、私の目標です。
お店にはお子さん連れで、よくお見えになるお客さまがいます。その方とのちょっとした会話も楽しいですし、お子さんの成長を見るのもうれしいです。毎日、充実した環境でお仕事をすることができています。

Mさん
惣菜メンバー Tさん 惣菜メンバー Tさん

私の調理で、みんなが笑顔になる
とても素敵なお仕事だと思います

惣菜メンバー Tさん(パートナー :2018年入社)

大好きだったヤオコーの
惣菜部門でがんばっています!

お仕事を始めようと思ったのは、家の近くに新しくヤオコーが開店しスタッフを募集してるのを知ったからです。前職はシフトが不規則で、お仕事も少し大変でした。ちょうど転職を考えていた最中でしたし、新店でオープニングスタッフの募集だったこともあり、すぐに応募を決めました。
料理が得意というわけではありませんが、調理の経験もあり、ヤオコーでも惣菜部門のお仕事を希望しました。ヤオコーは惣菜がとてもおいしくて、ぜひ挑戦してみたいと思ったんです。特に惣菜の中でもおはぎが大好きなんです(笑)。入社からあっという間でもう2年。とても安定した環境で、楽しくお仕事をすることができています。

Tさん

ヤオコーの認定試験に向けて
ただいま努力中です!

とはいえ最初のころは、調理に時間がかかったり、メニューの調理法を覚えるのが大変だったりと、苦労もしました。でも、自分が作ったお惣菜をたくさんの人が買ってくれ、ときには「美味しかったよ」と声をかけてくれる。それはすごいことだと思いますし、仕事のやりがいにつながりましたね。大変な時に一緒に働く仲間にサポートしていただき、私もがんばることができたと思います。
今の目標は技術認定試験に合格することです。これは決められた時間内に基準の商品化が出来ているかという試験なんです。おはぎ、とんかつ、天ぷら、弁当があり、今、おはぎのみ取得しています。お客さまに美味しい商品を提供できるよう、残りの試験にも挑戦していきたいです。

Tさん
惣菜メンバーの主な一日の流れ
出社
7:40
出社

8時始業の少し前に出社。制服に着替え、当日の担当業務を確認しています。作業場に入る前は、手の洗浄、制服のゴミ、ほこりをしっかりとり、清潔な状態にしています。

業務開始
9:00
業務開始

お店のオープンに合わせて、惣菜の製造を開始します。惣菜部門のお仕事は、商品の製造→パック詰め→品出し この流れで行います。製造調理は基本的な調理が終わっているものもあり、作業自体は決して難しくありません。

業務再開
13:30
業務再開

お昼休みを取り、午後の業務を再開します。午後には朝作った商品の多くは売れてしまっているので、午前中の売れ行きを確認しながら、商品の製造を開始します。

品出し
16:00
品出し

夕食のニーズに対応して、品出しや、値下げシールの貼付などの作業をおこないます。また、この時間帯に翌日使用する、材料、トレーなどの準備をおこないます。その後は、清掃、ゴミ捨てをおこない、17:00に業務は終了します。